So-net無料ブログ作成

英検1級 内容一致読解問題【解き方と選択肢の特徴】

今日は、英検1級 大問3 内容一致読解問題の特徴と解き方を書きたいと思います。

私が考える【内容一致読解問題】の解き方は、こうです。

【内容一致読解問題の設問の解答根拠となるパラグラフの関係】
設問数は、たいてい3問が多いです。英文の段落数が4つある場合、各設問の正解選択肢の解答根拠の手がかりの目安は次のようになります。1つ目の設問は、第1パラに、2つ目の設問のヒントは、第2パラまたは第3パラ、または第2、第3パラにまたがった部分に、3つ目の設問のヒントは、第4パラです。

【内容一致読解問題の実戦的解き方】
1 タイトルを確認する
2 設問の固有名詞(人名、地名、作品名)、名詞に印をつける
3 設問の動詞に印をつける
4 設問の疑問詞、接続詞を確認する
5 第1パラを一文一文ずつ読んで内容を理解する

【設問の4つの選択肢の特徴】
・作問者が選択肢を作る際、最初に正解選択肢を作成する
・4つの選択肢のうち、2つの選択肢は、本文と無関係な内容のデタラメ選択肢
・残った2つの選択肢のうち正解選択肢ではない、片方の選択肢が非常に紛らわしい

次回は、6月4日に出題された第3問1つめ The Jungleをもとに、上の【解き方と選択肢の特徴】を私なりにどのように生かして解いたのかを書きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。