So-net無料ブログ作成
検索選択

英検1級 空所補充読解問題【2016第2回第2問 Humanitarian Aid in Conflict Zones 空所31 雑感】

今日は、2016年度第2回に出題された空所補充読解問題 第2問  Humanitarian Aid in Conflict Zones  の空所31の解き方を書きます。
初めて読む方のために、【空所補充読解問題の解き方】を改めて載せておきます。
【空所補充補充読解問題の解き方】
1 タイトルを読み、英文のジャンルを確認する
2 空所を含む英文を見て、プラスの内容かマイナスの内容かを推測する(必ずしも、どちらかに断定までする必要はない)
3 パラグラフの第1文から最終文まで、一文ずつ、論理マーカーに注意して読んで、内容を確認する
4 再度、空所を含む一文や、そして空所の前の一文を、論理マーカーに注意して、空所に入る語句が「プラスの内容」か「マイナスの内容」なのかを推測する
5  選択肢中の語句の意味を明確にし、空所の後の英文で言い換え語句(内容)や、詳しい言及が無い選択肢を消し、正解を絞り込む(消去法)
それでは、Humanitarian Aid in Conflict Zones  を題材に、上で書いた【解き方】で空所31を解いてみます。

空所31に入る語句内容が、プラスなのかマイナスなのかを考えます。空所31を含む英文ですが、Whileは【逆接】内容を表す接続詞で、節を見ると、humanitarian aid has had some negative consequencesと書かれていますので、While節は、マイナス内容ですから、主節の空所は、プラス内容ではないかと推測します。

第3パラの英文を一文ずつ読みます。

第3パラの内容(意訳)
人道支援はマイナスの結果を伴っているものの、人道支援機関
は、(       )と主張している。(プラス内容)
確かに【譲歩】、戦争首謀者が、武器を購入するために援助資金をこれまで使い、飢餓にあえいでいる人民のために用意された食料は人民の料理にではなく、兵士たちの略奪に流れていった。(マイナス内容)
しかしながら【逆接】、人民支援機関同士の最近の改善された協力関係を通して、情報網の監視や被害を被った人民との意思疎通を通して、人道支援機関は、以前
失敗の繰り返しを避ける方向に進歩していと自信を見せている。(プラス内容)

空所31の選択肢
1 実際的な解決策はない(と主張している)
2 過去の過ちから学んでいる(と主張している)
3 地元自治体が責任をとるべきだ(と主張している)
4 批評家は、新たな問題を引き起こしている(と主張している)

選択肢1、4は、いずれもマイナス内容なので、不適。

選択肢3は、空所の後に言及がなく、不適。

消去法により、正解は2。空所31の後の最終文に、averting repeats of previous failuresが選択肢2のlearned from past mistakesの言い換え内容になっている。本文中では具体、選択肢では抽象で書かれているパターンですね。

今日も読んで頂いてありがとうございました。

次回は、第3問 内容一致読解問題 Genes, Disease and Human Evolutionの雑感です。


英検1級 空所補充読解問題【2016第2回第2問 Humanitarian Aid in Conflict Zones 空所30 雑感】

今日は、2016年度第2回に出題された空所補充読解問題 第2問  Humanitarian Aid in Conflict Zones  の空所30の解き方を書きます。
初めて読む方のために、【空所補充読解問題の解き方】を改めて載せておきます。
【空所補充補充読解問題の解き方】
1 タイトルを読み、英文のジャンルを確認する
2 空所を含む英文を見て、プラスの内容かマイナスの内容かを推測する(必ずしも、どちらかに断定までする必要はない)
3 パラグラフの第1文から最終文まで、一文ずつ、論理マーカーに注意して読んで、内容を確認する
4 再度、空所を含む一文や、そして空所の前の一文を、論理マーカーに注意して、空所に入る語句が「プラスの内容」か「マイナスの内容」なのかを推測する
5  選択肢中の語句の意味を明確にし、空所の後の英文で言い換え語句(内容)や、詳しい言及が無い選択肢を消し、正解を絞り込む(消去法)
それでは、Humanitarian Aid in Conflict Zones  を題材に、上で書いた【解き方】で空所30を解いてみます。
空所30に入る語句内容が、プラスなのかマイナスなのかを考えます。空所30を含む英文ですが、humanitarian aid can also prolong conflict と書かれていますので、マイナス内容ではないかと推測します。
第2パラの英文を一文ずつ読みます。
第2パラの内容(意訳)
Mary Andersonによると、人道支援は戦争の首謀者や暴力を助長する他の指導者たちが(      )することを可能にすることによって、紛争を長期化させる場合がある。(マイナス内容)
軍事紛争の最中でさえ、指導者たちは、時間と資源と資金を費やして、人民に基本的な生活必需品を供給しなければならない。(前文の詳細説明内容1
しかしながら【逆接】、国際機関が、食料供給や医療、その他の必要なことを提供し始めると、この負担が軽減されるか、なくなる傾向がある。(マイナス内容)

つまり【言い換え】、Andersonによると、外部の支援機関が人民の生存責任を引き受けると、戦争の首謀者たちは軍事支配の観点からのみ、責任と説明責任を明確にする傾向があるのだ。(マイナス内容)
空所30の後の英文を一文ずつ確認しても分かるように、選択肢30の内容は、明らかにマイナス内容です。選択肢の意味を確認するとともに、空所の後で、選択肢の語句内容の言い換えの有無を判断します。
空所30の選択肢
1 優先順位を狭めること(を可能にする)
2 国際的批判的に対して反応すること(を可能にする)
3 経済的影響力を拡大すること(を可能にする)
4 世間と共に人気を得る(を可能にする)
選択肢2、3、4は、いずれも空所の後を見ても言及がなく、不適。
消去法により、正解は1。空所30の後に、戦争の首謀者たちは、人民に対し、食料供給や医療提供を行わなければならないが、人道支援機関が戦争首謀者たちの負担を軽減させる格好となることが選択肢1のnarrow down their prioritiesの言い換え内容になっている。本文中では具体、選択肢では抽象で書かれているパターンですね。
今日も読んで頂いてありがとうございました。
次回は、Humanitatirian Aid in Conflict Zonesの空所31雑感です。

英検1級 空所補充読解問題【2016第2回第2問 Humanitarian Aid in Conflict Zones 空所29 雑感】

今日は、2016年度第2回に出題された空所補充読解問題 第2問  Humanitarian Aid in Conflict Zones  の空所29の解き方を書きます。
初めて読む方のために、【空所補充読解問題の解き方】を改めて載せておきます。
【空所補充補充読解問題の解き方】
1 タイトルを読み、英文のジャンルを確認する
2 空所を含む英文を見て、プラスの内容かマイナスの内容かを推測する(必ずしも、どちらかに断定までする必要はない)
3 パラグラフの第1文から最終文まで、一文ずつ、論理マーカーに注意して読んで、内容を確認する
4 再度、空所を含む一文や、そして空所の前の一文を、論理マーカーに注意して、空所に入る語句が「プラスの内容」か「マイナスの内容」なのかを推測する
5  選択肢中の語句の意味を明確にし、空所の後の英文で言い換え語句(内容)や、詳しい言及が無い選択肢を消し、正解を絞り込む(消去法)
それでは、Humanitarian Aid in Conflict Zones  を題材に、上で書いた【解き方】で空所29を解いてみます。

空所29に入る語句内容が、プラスなのかマイナスなのかを考えます。空所30を含む英文ですが、主語にOne problemと書かれていますので、マイナス内容ではないかと推測します。

第1パラの英文を一文ずつ読みます。

第1パラの内容(意訳)
政府やNGO団体は、食料供給や医療従事者の派遣を行い、軍事紛争で被害を被っている家族や難民を支援している。(プラス内容)
けれども【逆接】、こうした人道支援が紛争を長期化させている。(マイナス内容)
1つの問題は、人道支援機関は(        )という政策を持っている(マイナス内容)

例えば、1994年のルワンダの民族紛争では、フツ族が、ツチ族を大量虐殺したが、殺戮の犠牲者のために設立された難民キャンプは、フツ族の利用も許可されている。(マイナス内容)

ジャーナリストのLinda Polemanは、もし人道支援機関が、フツ族の入場についてより批判的であったならば、フツ族の戦争はかなり早く終息していただろうと書いている。(マイナス内容)

空所29の後の英文を一文ずつ確認しても分かるように、選択肢29の内容は、明らかにマイナス内容です。選択肢の意味を確認するとともに、空所の後で、選択肢の語句内容の言い換えの有無を判断します。

空所29の選択肢
1 危機の根源に焦点を当てるという(政策)
2 重大な戦闘が行われている地域を避けるという(政策)
3 軍事防止を拒否するという(政策)
4 中立的な立場を維持するという(政策)

選択肢1、2、3は、いずれも空所の後を見ても言及がなく、不適。

消去法により、正解は4。空所29の後のbut, Huts were also permitted to enter the campsが選択肢4のneural stanceの言い換え内容になっている。本文中では具体、選択肢では抽象で書かれているパターンですね。

今日も読んで頂いてありがとうございました。

次回は、Humanitatirian Aid in Conflict Zonesの空所30雑感です。


英検1級 空所補充読解問題【2016第2回第2問 HMS Dreadnought 空所28 雑感】

ブログの更新が遅れてしまいました。
昨日に引き続き、2016年度第2回に出題された空所補充読解問題 第2問  HMS Dreadnought の設問の解き方を書きます。
初めて読む方のために、【空所補充読解問題の解き方】を改めて載せておきます。
【空所補充補充読解問題の解き方】
1 タイトルを読み、英文のジャンルを確認する
2 空所を含む英文を見て、プラスの内容かマイナスの内容かを推測する(必ずしも、どちらかに断定までする必要はない)
3 パラグラフの第1文から最終文まで、一文ずつ、論理マーカーに注意して読んで、内容を確認する
4 再度、空所を含む一文や、そして空所の前の一文を、論理マーカーに注意して、空所に入る語句が「プラスの内容」か「マイナスの内容」なのかを推測する
5  選択肢中の語句の意味を明確にし、空所の後の英文で言い換え語句(内容)や、詳しい言及が無い選択肢を消し、正解を絞り込む(消去法)
それでは、HMS Dreadnought を題材に、上で書いた【解き方】で空所28を解いてみます。

空所28に入る語句内容が、プラスなのかマイナスなのかを考えます。空所28を含む英文ですが、今回は、第3パラ最終文にありますので、この部分だけで、プラスなのかマイナスかを判断することは困難です。

第3パラの英文を一文ずつ読みます。

第3パラの内容
Dreadnoughtの評判があったにもかかわらず【対比】、歴史家たちの中には、Dreadnoughtが巨大戦艦だとは考えていない。(マイナス内容)
正確さが問題で、強大な力による有利さが減少していった。(マイナス内容)
さらに大きな懸念は、地雷がますます広まることで、海軍戦争の本質を変えてしまった(マイナス内容)

第一次世界大戦での地雷の影響力は、戦艦と同等の破壊力があり、戦艦よりもより安価で運用できた(マイナス内容)

Angus Rossによると、Dreadnoughtとその後継軍艦は、(     )海軍戦略に基づいていた。(マイナス内容)

空所28の選択肢の内容がプラスかマイナスかを判断し、空所の後で、選択肢の語句内容の言い換えの有無を判断します。

空所28の選択肢
1 あまりも複雑で維持することができなかった(海軍戦略)
2 数年後まで成功することができなかった(海軍戦略)
3 イギリスが認識していた以上により発達していた(海軍戦略)
4  妥当性を失ってしまった(海軍戦略)

第3パラの第1文から、Dreadnoughtはイギリスにとって、マイナスの内容だから、空所に入る内容もマイナスの内容。

選択肢3は、プラスの内容なので不適。

選択肢1、2は、空所の後を見ても言及がなく、不適。

消去法により、正解は4。選択肢lost its relevanceが、空所の前の、地雷の普及が、戦艦同等の破壊力を持っており、戦艦よりも安価であることの言い換えとなっている。本文中では具体、選択肢では抽象で書かれているパターンですね。

今日も読んで頂いてありがとうございました。

次回は、Humanitatirian Aid in Conflict Zonesの雑感です。


英検1級 空所補充読解問題【2016第2回第2問 HMS Dreadnought 空所27 雑感】

昨日に引き続き、2016年度第2回に出題された空所補充読解問題 第2問  HMS Dreadnought の設問の解き方を書きます。
初めて読む方のために、【空所補充読解問題の解き方】を改めて載せておきます。
【空所補充補充読解問題の解き方】
1 タイトルを読み、英文のジャンルを確認する
2 空所を含む英文を見て、プラスの内容かマイナスの内容かを推測する(必ずしも、どちらかに断定までする必要はない)
3 パラグラフの第1文から最終文まで、一文ずつ、論理マーカーに注意して読んで、内容を確認する
4 再度、空所を含む一文や、そして空所の前の一文を、論理マーカーに注意して、空所に入る語句が「プラスの内容」か「マイナスの内容」なのかを推測する
5  選択肢中の語句の意味を明確にし、空所の後の英文で言い換え語句(内容)や、詳しい言及が無い選択肢を消し、正解を絞り込む(消去法)
それでは、HMS Dreadnought を題材に、上で書いた【解き方】で空所27を解いてみます。


空所27に入る語句内容が、プラスなのかマイナスなのかを考えます。空所27を含む英文ですが、Many historians believe と書かれているだけで、この部分だけで、プラスなのかマイナスかを判断することは困難です。

空所27以降の英文を一文ずつ読みます。

第3パラの内容(意訳)
多くの歴史家たちは、Dreadnoughtは、(
   )だと考えている。
Dreadnpoughtは、全く新しいDreadnoughtに道を譲ることになり、以来、海上戦争で優位に立つと予測された。
しかしながら【対比】、Dreanoughtの建設には、莫大な時間と費用がかかり、イギリス海軍は、この階級では、ドイツにわずか1つ上回っているだけだった。
これがドイツに知られるようになったとき、ドイツは、軍艦製造に拍車をかけ、独自にいくつもかのDreadnoughtを製造した。
この軍事競争が第一次世界大戦につながった

空所27の選択肢の内容がプラスかマイナスかを判断し、空所の後で、選択肢の語句内容の言い換えの有無を判断します。

空所27の選択肢
1 ドイツの設計に基づいていた
2 ドイツとの紛争がより生じる可能性を作った
3 イギリスに長期間にわたる利益を与えた
4 イギリスの最大の弱点を表した

空所27の後の内容から、Dreadnoughtはイギリスにとって、マイナスの内容だから、空所に入る内容もマイナスの内容。

選択肢3は、プラスの内容なので不適。

選択肢1は、空所の後を見ても言及がなく、不適。

残る選択肢2と4について、4は、the greatest weaknessが、空所の後に言及されて
。Dreadnoughtが弱点とまでは言い切れないため、不適。

消去法により、正解は2。選択肢のcoflictが、空所の後の、only a single advantage overや、ramped upの言い換えとなっている。本文中では具体、選択肢では抽象で書かれているパターンですね。

今日も読んで頂いてありがとうございました。

明日は、空所28の雑感です。


英検1級 空所補充読解問題【2016第2回第2問 HMS Dreadnought 空所26 雑感】

前回のブログで、英検1級 空所補充読解問題の【解き方】を書きました。

今日は、前回の私のブログでお伝えした空所補充読解問題【解き方】をもとに、2016年度第2回に出題された空所補充読解問題 第2問  HMS Dreadnought の設問の解き方を書きます。
ここで改めて、前回のブログで書いた【空所補充読解問題の解き方】を載せておきます。
【空所補充補充読解問題の解き方】
1 タイトルを読み、英文のジャンルを確認する
2 空所を含む英文を見て、プラスの内容かマイナスの内容かを推測する(必ずしも、どちらかに断定までする必要はない)
3 パラグラフの第1文から最終文まで、一文ずつ、論理マーカーに注意して読んで、内容を確認する
4 再度、空所を含む一文や、そして空所の前の一文を、論理マーカーに注意して、空所に入る語句が「プラスの内容」か「マイナスの内容」なのかを推測する
5  選択肢中の語句の意味を明確にし、空所の後の英文で言い換え語句(内容)や、詳しい言及が無い選択肢を消し、正解を絞り込む(消去法)
それでは、HMS Dreadnought を題材に、上で書いた【解き方】で解いてみます。

タイトルは、HMS Dreadnought ですが、英文を見ると、固有名詞であることが分かります。初見でこの単語の意味が分からなくても焦る必要はありません。

第1パラを一文ずつ読むと、a battleship、vessel、naviesといった単語から、イギリスの海上戦艦であることが読み取れます。

空所26に入る語句内容が、プラスなのかマイナスなのかを考えます。空所26を含む英文を見ると、out of fear that とあることからマイナスの内容が入るのではないかと推測します。

空所26以降の英文を一文ずつ読みます。

第2パラの内容(意訳)
イギリスは、(      )という恐れからDreadnoughtを造った。
当時、イギリスは、経済的生存のために貿易を植民地に依存していた。
だから、イギリスは、the Two Power Standardとして知られているものを維持していたので、植民地の利益を軍事的に守ることができた。
しかしながら、1900年代の始めに、ドイツが
自国の植民地を獲得しようと、イギリスの3分の2の海軍を拡大しようした
イギリスは、その対応としてDreadnoughtを製造せざるを得なかった。

空所26の選択肢の内容がプラスかマイナスかを判断し、空所の後で、選択肢の語句内容の言い換えの有無を判断します。

空所26
1 他国が、すでに同様の船を所有していた
2 ドイツはイギリスの技術を盗む計画を立てた
3  イギリスの海軍の優位性が脅威にさらされていた
4  反乱軍が植民地内で発生するかもしれなかった

選択肢1、2、4の内容が空所の後で言い換えられていないので、不適。

消去法により、正解は3。

今日はここまで。明日は、空所27の雑感です。

ありがとうございました。







英検1級 空所補充読解問題【解き方】

今日は、英検1級 大問2 空所補充読解問題の解き方を書きたいと思います。
私が考える【空所補充読解問題】の解き方は、こうです。
【空所補充補充読解問題の解き方】
1 タイトルを読み、英文のジャンルを確認する
2 空所を含む英文を見て、プラスの内容かマイナスの内容かを推測する(必ずしも、どちらかに断定までする必要はない)
3 パラグラフの第1文から最終文まで、一文ずつ、論理マーカーに注意して読んで、内容を確認する
4 再度、空所を含む一文や、そして空所の前の一文を、論理マーカーに注意して、空所に入る語句が「プラスの内容」か「マイナスの内容」なのかを推測する
5  選択肢中の語句の意味を明確にし、空所の後の英文で言い換え語句(内容)や、詳しい言及が無い選択肢を消し、正解を絞り込む(消去法)